給料が仕事内容に見合っているか、チェックする

実労働時間と給与で時給換算してみる

正社員の給料が仕事に合っているかどうかを確かめるには、時給換算をするのが手っ取り早いです。まずは月給やボーナスなど収入になる金額を全部合計して、実労働時間で割ってみましょう。そうすると、大体の時給がわかります。日本の正社員の給料は、時給換算すると1000円から1500円程度が目安です。それよりも安ければ、給料と仕事内容が見合っていない可能性があります。時給換算をすると、正社員の時給が実はアルバイトよりも安かったということが判明する場合もあります。 もちろん工場がある地域の平均賃金が安かったり、仕事内容が比較的簡単だったりするなどの理由で、給料が安い場合もあります。そのため、一概に給料と仕事内容が見合っていないとは言い切れません。ただ、時給換算した額が安すぎる場合は、一度保留にした方が無難でしょう。

みなし残業と昇進にも注意

工場の正社員の求人には、みなし残業が含まれていることが多いです。みなし残業とは毎月の残業代を固定する制度で、残業をしなくても残業代をもらえます。しかし、大抵の場合は、みなし残業分は残業を求められることがほとんどです。そして、求人票では、みなし残業代分が給与にあらかじめ含まれている場合が非常に多いです。それを見逃してしまうと、給料と仕事内容が見合わなくなる恐れがあります。

また、工場では昇進できる場合もあるでしょう。ただ、昇進をすると給料が上がる代わりに、時間外手当てが付かなくなり、昇進前よりも実質的な収入が下がることは珍しくありません。そうであるにも関わらず、昇進で大きな責任が伴うと、割に合いません。したがって、正社員の求人を探す際には、みなし残業の有無と、昇進時にどれくらい給与が上がるのかは確認しておいた方が良いです。

派遣の仕事探しは、自分の希望する業界の就職実績が豊富な派遣会社に出向いて直接相談したり、オンライン上で派遣会社の担当者に優良求人をいくつか提案してもらったりと様々な方法があります。