自分の都合の良い時間帯にシフトが入れられるか、チェックする

希望通りに働きたいなら人員に余裕がある職場を見つけよう

工場のアルバイトの求人選びをするにあたって、自分の都合の良い時間帯のシフトに入りたい人は、各地の工場の操業時間を確認するだけでなく、現場内のスタッフの人員にも目を向けることが大切です。特に、限られたスタッフが仕事をこなしている工場では、時期や曜日によりますが、アルバイトとして働く場合でも長時間の残業を任されたり、希望していないシフトに入らなければならなかったりするケースもあります。 一方で、アルバイトのスタッフが多い現場では、人気の時間帯のシフトの奪い合いが発生することもあり、希望通りの給料を得られないことがあります。そうした中、初めて工場のアルバイトを探すうえで、勤務の時間帯や他のスタッフとのシフトの調整方法に関して担当者とよく相談をすることが重要です。

工場勤務の経験がある人はシフトを優遇してもらえる職場もある

工場勤務の経験がある人がアルバイトの仕事を選ぶ際は、工場の方針やスタッフの在籍状況にもよるものの、勤務シフトを優遇してもらえる可能性があるため、面接時に担当者と交渉をするのがおすすめです。たとえば、専門的な機械や工具を扱う工場においてはアルバイトであっても経験者が重宝されやすく、日勤から夜勤まで好きな時間帯を選べるケースも珍しくありません。そのため、勤務シフトにこだわって工場の職場を探したい人は、早いうちから経験のあるアルバイトを求めている職場に目を向けるのがポイントです。その他、シフトの時間帯によって担当する業務の内容や現場での役割が異なることもあるため、じっくりとそれぞれの工場の事情を把握することが大事です。